糖質制限食「食べてよい食品と要注意食品」ー食べてよい食品ー - 【糖質制限食】画期的な糖尿病治療食をサポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

糖質制限食「食べてよい食品と要注意食品」ー食べてよい食品ー

食べてよい食品と要注意食品」一覧表

今日は食べてよい食品の一覧表です。
(ごま湯になっていました。正しくはごま油です)

食べてよい食品要注意食品_食べてよい食品



昨日はこの中で要注意食品をご紹介しました。

実は、「要注意」についてです。
食べてはいけない食品と表現した方がいいでしょう。

要注意と言いますと、非常に曖昧になります。

注意するように言ったでしょ。
注意していたんだよ。

これで注意していたというのかい。

うん。注意していたよ。

こんな会話がよく聞かれますね。


親子の間で、教師と生徒の間で、言い争いの火種になりますよね。


その原因は相手にわかるように明確に伝えていないからです。
こちらの思いが相手にそのまま伝わるとは限りません。


そこでどうするかですが、
観察できる、数を数えられる、この2つの方法を用いるのです。

要注意食品ですが、~gまでならOKですよ。
これは要注意食品ですが、食べてはダメです。

こうしましょう。要注意食品は基本的には食べてはダメ食品と覚えておきましょう。

▲印のついた食品があります。
基本的には食べてはダメ食品ですが、少々ならまあいいでしょう、ということころでしょうか。

例えばニンジン、サラダの色合いにくらいならOK、やまいもは生ならOK、リンゴ、イチゴなどは少々ならOKなのですが、人によってまたそのときの体調によって血糖値への影響は必ず異なってきます。

昨日はこれだけ食べて血糖値に影響はなかったが、今日は~mg/dl血糖値が上昇した。
こんなことはあって当然なのです。

ですから、病院給食のように同じ食事を食べても、患者によってまたそのときのそれぞれの状況によって血糖値の上昇数値に違いが出てきます。

難しい課題ですね。


気づかれた方もおられるでしょうが、食べてよい食品にも要注意食品にも記載されていない食品がありますね。

例えばドレッシングです。
江部康二医師はその著書の中でキューピードレッシング 梅づくし1回分15gあたり糖質0.4gを紹介されています。
私は当ブログでキューピーの全商品をご紹介しています。いつも梅づくしだと同じ味で飽きるだろう。それなら15gあたり糖質0.7gになるが今日はイタリアンでいこう。糖質の摂取量は合計で計算すればよいのだからと、自分で判断してアレンジできますね。

糖質がここでこれだけ増えたのなら、こちらで少し減らそう、こんなアレンジと工夫はそれぞれに任せられているのです。自分の体調や血糖値のコントロール状態などは自分の責任の範囲内ですからね。

京都の名医がおしえる「やせる食べ方」 ―美食で満腹ダイエット


糖尿病の新しい食事療法は【糖質制限食】時々【糖質管理食】へ・・(私の実践記録)



新しいダイエットのかたちー【糖質制限という新しいダイエット方法】(私の別サイト)


↓あなたのポチッが私のモチベーションアップに↓
にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
↑↓こちらも応援よろしく!

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック

糖質制限食をサポートする低糖質/糖質オフ食品

  • 低糖質・糖質オフ・ノンシュガー食品の宝庫・36カテゴリ・約1,600アイテム
Netrition - The Internet's Premier Nutrition Superstore!
Netrition - The Internet's Premier Nutrition Superstore!
Copyright © 【糖質制限食】画期的な糖尿病治療食をサポート All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。