3大栄養素の中で食後血糖値を上昇させるのは【糖質だけ】、たんぱく質、脂質はゼロ! - 【糖質制限食】画期的な糖尿病治療食をサポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

3大栄養素の中で食後血糖値を上昇させるのは【糖質だけ】、たんぱく質、脂質はゼロ!

財団法人 高雄病院のホームページをご覧になりますか?

糖質制限をしている、糖質制限食、糖質管理食を実践しているという方は、

時々ご覧になることをお勧めします。

このサイトのサイドカラムからもリンクを通してアクセスできます。


ふと気になって高尾病院のサイトにアクセスしました。

そして糖質制限食の案内ページに飛んでみました。


するとどうでしょう。

気になっていた箇所の訂正がされていません。


3大栄養素の中で食後血糖値を上昇させるのは糖質だけ
たんぱく質、脂質は血糖値をまったく上昇させない、


この情報は、ドクター江部の糖尿病徒然日記の2009年11月4日の2つ目の記事として紹介されています。


私はすぐにこの情報を当ブログの記事としてご案内しました。
【糖質制限食】&【糖質管理食】に追い風が吹いてきたと言えるでしょうね。

糖質制限食を実践されている方にとっては、とても大きな情報だと考えたからです。


主食を抜けば糖尿病は良くなる! 実践編では、たんぱく質による血糖値上昇のピークは食後約3時間、脂質は消化・吸収に丸1日かかることもある。(25ページ図表1)このように紹介されています。


それが高尾病院のホームページでは、いまだに2009年11月4日以前の情報のままになっています。
当然高尾病院京都駅前診療所のホームページも同じ情報のままです。

ちなみにリボーンのホームページも同じです。




ちょっと気になって、ドクター江部の糖尿病徒然日記のコメント欄に投稿しました。




コメント・質問に関するお知らせ・お願い   2010年02月11日 (木)

コメント
ADA2004年版の発表と高尾病院の案内

江部先生 おはようございます。---です。

ADA(米国糖尿病協会)2004年版の発表と高尾病院の案内のギャップについてお尋ねします。

タンパク質・脂質は血糖に影響を与えない!ADA2004
2009年11月04日 (水)

先生のブログ記事で以下についてご紹介いただきました。

ADA(米国糖尿病協会)2004年版の発表によると、
『3大栄養素のうち糖質だけが血糖値を上昇させる。3大栄養素のうちタンパク質・脂質は食後血糖値を上昇させない。食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わるが、タンパク質・脂質は血糖に変わらない。糖質は摂取直後から急峻に血糖値を上昇させ2時間以内にほとんどすべてが吸収される。一方蛋白質・脂質は血糖値に影響をあたえない。』


私も自分のブログで、先生の記事を引用させていただきながら、この情報を紹介させていただきました。
血糖値を上昇させるのは【糖質】だけ!たんぱく質、脂質はゼロ!【糖質制限食】に追い風が・・・


糖質、たんぱく質、脂質の食後の上昇をイラストで象徴的に扱ったのが、NPO法人 糖質制限食ネット・リボーン入会案内の表紙です。イラストグラフ・栄養素が血糖に替わる速度と説明がついています。私はいつもこのイラストを思い出していました。にっこりとほくそえみながら。

私の2枚目のイラストでは、たんぱく質、脂質の血糖値上昇に関してはゼロになっています。


しかし、高尾病院の案内ホームページ、高尾病院京都駅前診療所の案内ホームページのそれぞれ糖尿病治療(糖質制限食)の案内記事では現在も、

血糖値を上昇させる糖質をコントロール、
●血糖値を上昇させる糖質
-----
ちなみに糖質は摂取後15分~90分で100%、蛋白質は3時間前後で約50%、脂質は数時間~12時間で10%未満が血糖に変わります。

と記述されています。イラストもたんぱく質、脂質が時間の経過とともに血糖値の上昇を示しています。ちなみに、リボーンのホームページにも同じ記述が見られます。

先生のブログでは、最近の記事でもたんぱく質、脂質は血糖値の上昇には関係しないと記述されていたと覚えていますが。


と言いますのも、私の就寝前の血糖値測定で130mg/dl台、140mg/dl台の数値がたびたび見られます。時間経過から考えますと、夕食後3時間前後で約50%、脂質は数時間~ 血糖値に変わります。という病院のホームページの案内がまだ生きているのかと考えます。

ADA(米国糖尿病協会)2004年版の発表には関係なく、高尾病院の案内が私の血糖値に影響を与えているのでしょうか。それとも私が糖質を取りすぎているのでしょうか。

先生のアドバイスをいただければ嬉しいです。よろしくお願いいたします。

2010/02/11(Thu) 11:17 | URL | --- | 【編集】



Re: ADA2004年版の発表と高尾病院の案内

---さん。

高雄病院のホームページは、ADA(米国糖尿病協会)1997年版の記載が
そのまま残っています。

今は2004年版ですね。

高雄病院も2004年バージョンに書き直します。

2010/02/11(Thu) 11:34 | URL | 江部康二 | 【編集】


このようにドクター江部から回答をいただきました。



ちなみに、
高糖質食と糖尿病 2010年02月12日 (金)


---
そして、食後高血糖を生じるのは糖質だけで、
タンパク質・脂質は血糖値を上昇させません。
---

江部康二


ドクター江部のブログではこのような記述がたびたび見られます。
ADA(米国糖尿病協会)2004年バージョンで語っておられます。
以下はおまけ・・・


---
しかし、2型糖尿人でも一定のインスリン分泌能力が残っているなら、
糖質制限食を実践する限りは正常人です。
一方糖質を摂取すれば食後高血糖を生じる糖尿人です。

例えば、2型糖尿人である、江部康二は炊いた玄米や胚芽米を普通に一人前150g食べれば、
食後血糖値は軽く200mgを超えます。
しかし、糖質の極めて少ないステーキ200gなど糖質制限食なら、
食後血糖値が140mgを超えることはなく正常人です。


江部康二

(ドクター江部の糖尿病徒然日記より引用させていただきました)

高尾病院のホームページの更新を待ちましょう。

タグキーワード
  • No Tag
コメント
非公開コメント

トラックバック

糖質制限食をサポートする低糖質/糖質オフ食品

  • 低糖質・糖質オフ・ノンシュガー食品の宝庫・36カテゴリ・約1,600アイテム
Netrition - The Internet's Premier Nutrition Superstore!
Netrition - The Internet's Premier Nutrition Superstore!
Copyright © 【糖質制限食】画期的な糖尿病治療食をサポート All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。