なぜかすっきりしないタイトル「糖尿病治療に低炭水化物食は是か非か」 - 【糖質制限食】画期的な糖尿病治療食をサポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

なぜかすっきりしないタイトル「糖尿病治療に低炭水化物食は是か非か」

---関連記事---
日本病態栄養学会「糖尿病治療に低炭水化物食は是か非か」結果からの考察


糖質制限食を研究し、理論を確立し、普及に努められている 高雄病院理事長 江部康二医師を招聘するのに、日本病態栄養学会は、糖質制限食という言葉を使わずに、低炭水化物食という言葉を使いました。


江部康二医師の最初の著書のタイトルが、主食を抜けば糖尿病は良くなる! 糖質制限食のすすめ です。
【送料無料】主食を抜けば糖尿病は良くなる!


以来江部康二医師は、一貫して糖質制限食という表現を使っておられます。

江部康二医師のご努力によって、日本で糖質制限食が普及してきました。
糖質制限食ー江部康二医師、と多くの人に受け入れられ、認知されるようになってきました。
糖質制限食と聞けば、江部康二医師をイメージし、江部康二医師の名前を聞けば、糖質制限食の先生と誰もがイメージします。


決して低炭水化物食の江部康二医師ではありません。

低炭水化物食という言葉を使われたことは一度もありません。



江部康二医師を招聘するのに、日本病態栄養学会は、糖質制限食という言葉を使わなければ、江部康二医師に対して失礼だと私は考えます。

ディベートのタイトルも
「糖尿病治療に糖質制限食は是か非か」にしなければ、江部康二医師に対して失礼です。



もし私なら、招聘状が届いた時点で日本病態栄養学会に対して抗議したでしょう。
低炭水化物食ではなく、糖質制限食という言葉を使うように要請したでしょう。
それが受け入れられなければ、招聘には応じられないと回答したでしょう。


あくまでも、糖質制限食の江部康二医師ですから。


Google検索をかけてみます。
キーワード:糖質制限食 江部康二    431,000件


キーワード:低炭水化物食 江部康二   64,300件
日本病態栄養学会 ディベートタイトルに関するもの以外にはありません

この数値の差が示すものを、しっかりと認識すべきです。


メディアによる報道でも、糖質制限食 江部康二 が一緒に記事になる必要があります。
低炭水化物食 江部康二は、本意ではないはずです。


10歩譲ったとして、江部康二医師がディベートセッションの最初に、
自分が研究を通じて理論構築し、実践してきたのは、低炭水化物食ではなく糖質制限食である。
したがって糖質制限食について述べる。メディアの方がおられたら、低炭水化物食をすべて糖質制限食と置き換えて記事にしていただきたい。
このように断りをされたのかどうか、言葉の定義について最初に確認されたのかどうか、ドクター江部のブログに記述がありませんのでわかりません。


でも、何かすっきりしません。


コメント
非公開コメント

トラックバック

糖質制限食をサポートする低糖質/糖質オフ食品

  • 低糖質・糖質オフ・ノンシュガー食品の宝庫・36カテゴリ・約1,600アイテム
Netrition - The Internet's Premier Nutrition Superstore!
Netrition - The Internet's Premier Nutrition Superstore!
Copyright © 【糖質制限食】画期的な糖尿病治療食をサポート All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。