基本から改善したい市立病院の健康セミナーの企画 - 【糖質制限食】画期的な糖尿病治療食をサポート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
コメント(-)トラックバック(-)Edit

基本から改善したい市立病院の健康セミナーの企画

市立西脇病院が主催する健康セミナーに参加して

すぐ前に投稿した記事です。


セミナーの実施について考えます。
市立西脇病院では毎月1回健康セミナーを主催する。
これはすでに決まっていることです。

担当者の準備について考えます。
担当医師は、毎月交代で依頼することになっています。
医師を選び、担当依頼をします。
会場の予約を入れます。
会場のセッティングをします。
広報へ原稿を締めきり期日までに納入する。


こんなところでしょうか。

担当者にとってはルーティンワークです。
黙っていてもできる作業です。
なにも考えないでこなせる仕事です。
いわゆるこなしの作業と言えるでしょう。

主催する担当者の頭の中には、参加者が欠けています。
参加者を中心に考えるべき事業が、担当者の都合で進められているのです。

明らかにマンネリに陥っています。

それでも担当者は気付きません。
組織も同じです。
組織の硬直化が見られるようになります。

具合の悪いところがあれば、言い訳を考え出します。
自分たちを納得するための言い訳です。


世間の常識から外れた常識が、組織内ではまかり通るのです。
行政の場ではごくありふれた場面です。
市立西脇病院ですから、彼らの日常の行動や思考は、行政そのものです。


私はこのような事業を数多く手がけてきました。
自分の仕事として取り組んできました。
青少年の健全育成のための事業を企画し運営してきました。

企業の人材育成のために多くの事業を企画し、主催し、実際に指導してきました。


事業をこなすことを目的とはしていませんでした。
事業の一つ一つを手段として受け止めてきました。
媒体として考えてきました。

この事業を実施することによって、何を狙うのか、目的は何かを常に考えました。
今日は良くても、もっとこうすればより良いということもあるでしょう。
参加者のためによりプラスが考えられるなら、今日からでも変更しました。

常に参加者、青少年、その保護者など、人間を中心に企画を進めました。

昨年まで続けてきた事業を廃止した例もあります。
昨年までなかった事業を新しく始めた例もあります。
内容の変更は常に見られます。

事業の目的、意義、進め方などを、常に主役である参加者を中心にして練り上げました。

主催者や担当者の都合で決めたことはありません。



このようにプロの目から見た市立病院のセミナーには、改善点がたくさんあります。
企画の基本から手を差し伸べたい衝動に駆られます。

どこから手をつければいいかを検討してみましょう。


糖質制限食実践中

コメント
非公開コメント

トラックバック

糖質制限食をサポートする低糖質/糖質オフ食品

  • 低糖質・糖質オフ・ノンシュガー食品の宝庫・36カテゴリ・約1,600アイテム
Netrition - The Internet's Premier Nutrition Superstore!
Netrition - The Internet's Premier Nutrition Superstore!
Copyright © 【糖質制限食】画期的な糖尿病治療食をサポート All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。